てきとう

てきとう

Cradle

プレイ時間:4時間(迷ってた時間含む) パスル?やミニゲームをクリアしてロボットのパーツ取ってきてくっつけてるとエンディングになるゲーム。多分マルチエンディングではないし、難易度は低い。 トータルではすごく微妙。セールで80%以上オフかつ数時間…

最近のゲームとかの雑感

ほぼ家ボダ。多分世間で書かれてるのと同じような内容の繰り返しなんではないかと思う(が、別に世間に書かれたものを読んだ訳ではないので違うかもしれない 事実と異なる可能性があります(し、恐らく高いです)が、まぁそういうものです 家ボダ 11月でプレ…

退職+就職してました

「退職エントリ」を書く数少なそうな機会だったのと、今何か書いておかないと金輪際ここに何も書かなくなると思ったので、書いておきます。 というわけで、かなり今更ですが、けっこう前に某社を退職して、ちょっと前から某社にお世話になってます。 …と、こ…

OSX+Homebrewでのerlide導入メモ

多分どこかにはまとめがあるんだろうけど、Keplerにしたついでに今更導入してみたメモ。 というかここのところ現実逃避が酷い。 eclipse.iniがEclipse.appのパッケージの中で面倒い erlangのインストールパスが微妙で面倒い /etc/hosts書き直さなきゃいけな…

QuickLookの.qlgeneratorはエイリアス作成でなくてきちんと~/Library/QuickLookにコピー

Mac

homebrew-caskなにこれ便利、と思って色々やってたらQLMarkdown動かなくなって涙目でした。 結局エイリアス消して/opt/homeberw-cask以下のどっかにあったのをコピペ、qlmanage -rで動きましたがなにこれ無意味

incompleteの追記というか何か

Ada

どうやらC++では既に16年前の標準化時に弾かれてた話で、C++11では未定義だけれど実装によって(Boostで)は動く、と。*1 *2 http://www.boost.org/doc/libs/1_54_0/doc/html/container/containers_of_incomplete_types.html まぁC++でいけるなら、次のAdaで…

最近-xヶ月のまとめ

よいお年をお迎えください。また明けましておめでとうございます。

最近0.1ヶ月のまとめ

Gitてきとうにマジメに始めました。とりあえずcommitとpushとpull使うだけなら前からやってたけど、もう少しマジメに。しかしmergeとrebaseの使い分けはどうすればいいんだ…気分?

最近1.5ヶ月のまとめ

Mavericksにしたい。する余裕がないというかアップデート怖い。セキュリティ的には現状維持も怖い。来年までには作業したい。

最近3ヶ月のまとめ

Ada

ちまちまRationale読んでましたが、折角incomplete typeがgenericの引数に取れるようになったのにAda.Containersは相変わらず type Element is private; とか type Element (<>) is private; で役立たずなんですが…サイズ確定しないからしょうがないのかな……

最近3ヶ月のまとめ

貧乏な林檎教信者兼docomoユーザだったので、docomoでiPhoneが出る日を夢見ていわゆるガラケーを使い続けていましたが、物理的に限界が来たので某ソニー製のスマートフォンに変えました。安かったし。 その数日後にdocomoからiPhoneの発表されて残念な気分に…

最近6ヶ月のまとめ

艦これ楽しいです。システムとしてはもうちょっと轟沈しやすいとロスト確率が高くなった時の絶望感が程よいと思いますが、マップのキツさとリアルラックの影響力の強さを考えるとこれ以上轟沈しやすいと面倒かとも思ったり。 個人的な欲を言えば、提督が沈め…

最近15ヶ月のまとめ

一度はてなblogで書きましたが戻ってきました。*1余裕のなさと艦これと現実逃避で全部です。あと体調が若干マシ。最後の記事の下書き*2から半年くらい?最後に書こうと思ってから3ヶ月くらい? *1:ドラッグ時の「引用スター」の誤爆にイライラしたため *2:重…

'Firstからやりなおし:現実逃避編

Ada

色々疲れたので現実逃避。 「関数プログラミングの楽しみ」という本がありまして。*1 関数プログラミングの楽しみ作者: Jeremy Gibbons and Oege de Moor,山下伸夫出版社/メーカー: オーム社発売日: 2010/06/23メディア: 単行本(…

1からやり直し:hello, world編

Ada

基本 with Ada.Text_Io; procedure Hello is begin Ada.Text_Io.Put_Line("hello, world"); end Hello; 応用:use with Ada.Text_Io; use Ada.Text_Io; procedure Hello is begin Put_Line("hello, world"); end Hello; 応用:renames with Ada.Text_Io; pro…

【テスト】Mountain LionでGCCを--enable-languages=adaでビルドしてみた記憶【コピペ】

Ada

*1 お久しぶりですが別に何もありません。いつも通りのダメ人間です。 適当にやってもできなかったけど適当に調べたらできたので記録というか記憶をメモ。 記憶なので細かいところ違うかと。 用意するもの 動くGNAT。今回はgnuadaの4.6.0を使用。 gccのソー…

Mountain LionでGCCを--enable-languages=adaでビルドしてみた記憶

Ada

お久しぶりですが別に何もありません。いつも通りのダメ人間です。 適当にやってもできなかったけど適当に調べたらできたので記録というか記憶をメモ。 記憶なので細かいところ違うかと。

ダイナミックディスパッチを捨てる方法(おまけ)

Ada

Adaだとどうするん?と思って適当にそれっぽいコードを書いたところ、普通にキャストすれば良さそうな感じ。*1 with Ada.Text_Io; procedure Dsp_Test is package Bs is type B is tagged null record; procedure Method(Obj: in out B); end Bs; package bo…

ダイナミックディスパッチを捨てる方法

Java弄っててふと疑問に思ったのでググった結果をメモ。 Java でメソッドを静的にディスパッチする - odz buffer Java でインスタンスメソッドを静的にコールする方法はない? 2 - Smalltalkのtは小文字です とりあえず普通に使ってる分には無理、という理…

Gem #3

Ada

http://www.adacore.com/2007/05/28/gem-3/ 「limited typeを返すような関数が書けるよ!」 #1と#2から、limited typeにも代入できるようになったので関数が使えるようになりました。 中身の説明が興味深い。 In this case, Rumplestiltskin_Is_My_Name is a…

まぁ

予想通り全く続かなかったんですけど。

バグなのか良くわからないのでとりあえずメモ

Ada

null=Hoge'Access でGNATが落ちる…

Gem #2

Ada

http://www.adacore.com/2007/05/21/gem-2/ 「aggregateで型の既定値使えるようにしたよ!」 #1の例で相変わらずZはエラーですが、Bの初期値として<>を与えることで、 X:T; -- 正しい。X.A=42, X.B='@' Y:T := (A=>99, B=>'0'); -- 正しい。 X.A=99, X.B='0'…

Gem #1

Ada

http://www.adacore.com/2007/05/14/gem-1/ 「limitedでもaggregate使えるようにしたよ!」 例えば、以下のTとX,Y,Zを考えたとき、 type T is limited record A:Integer:=42; B:Character:='@'; end record; X:T; Y:T:=(A=>99,B=>'0'); Z:T:=(A=>64); Ada95…

基本的に書くコトがない

なんかネタで縛りかければ持続するかな、とか(以前の記憶から目を逸らしつつ) というわけで1日1gem斜め読み開始。 横に読もうが縦に読もうが得られる情報に大差がないお察しな英語レベルですけど。

MBAのために数ヶ月ぶりに書いてみた

MacBook Air 11インチ欲しい! そういえばいつぞやHPがTwitterで同じようなことやった時に、HPのアカウントをフォローしてそのままだ…

Erlang Programming買ってきた

前述の not spawn(m,f,a). は、こっちでも not spawn(m,f,a). だった。*1 日本語の方も読み終わってないし、暇になったら読みます。 *1:『「以下は誤りです。」部分が「not」のみ』なのはそうだったけど。

Erlang プログラミング買ってきた

とりあえず、P.93、罠のマークのパラグラフの最後、 not spawn(m,f,a). は、 spawn(m,f,a). だと思う*1のですが、今一つ確信がないし、いずれにせよ誤りだからどうでもいいか。 という訳でまだ100ページ読んでません。 遅々として進まなくて読み終わる気がし…

演算子の優先順位

今更綺麗にひっかかったけど、Erlangは演算子の優先順位が他と違う。 例えばPython、 >>> 1 << 2 & 4 4あるいはRuby、 irb(main):001:0> 1<<2 & 4 => 4またはC、 % cat op.c #include <stdio.h> int main(){ printf("%d\n",1<<2&4); } % gcc op.c % ./a.out 4これらの</stdio.h>…

R13B03

またリリースに気がついてなかった… 毎度ながら面倒なのでMacPorts待ち。